精密微摺動試験機

コネクタなどの振動研究に!
微摺動による電気接点の劣化状況を可視化。

「精密微摺動試験機」は、コネクタなどの電気接点に対して振動や衝撃が加わることにより発生する電気接点同士の擦れ合い(微摺動)を、正確に再現することが可能な試験装置です。
フレッティング・コロージョンによる電気接点の劣化状況を観察・計測することが可能です。

「フレッティング・コロージョン」とは

振動などに起因する金属同士の擦れ合いにより、電気接点が劣化する現象

「フレッティング・コロージョン」とは

機械振動や熱膨張などが原因となり、コネクタの金属表面が、数μm程度の擦れ合い(微摺動)を起こします。それにより酸化被膜などが発生・堆積し、電気接点の劣化を引き起こす現象です。

フレッティング・コロージョンの発生が原因となり、機器や装置の動作に不具合が発生する可能性があるといわれており、現在も学会などでの研究がすすめられています。

ご利用例


モバイル機器や車載装置における電気接点の信頼性試験に。

モバイル機器や車載装置における電気接点の信頼性試験に。

コネクタ素材やメッキ素材の選定時の参考に。

コネクタ素材やメッキ素材の選定時の参考に。

特長

抵抗計測データと動画を比較できるため、分析が容易

抵抗計測データと動画を比較できるため、分析が容易

電気接点の抵抗計測データと動画を同期記録し、比較・解析が可能。フレッティングコロージョンの発生タイミングの特定やその際に起きている現象の確認を容易に行うことができます。

高い直進性&世界最小級(※)の精密駆動で試験の信頼性向上

高い直進性&世界最小級の精密駆動で試験の信頼性向上

直進性の高い精密駆動が可能なため、再現性の高い安定した試験を行うことができます。
また、摺動試験装置としては世界最小級の精密な微小駆動(0.1μmの分解能)により、電気接点の劣化が起こる限界の最小振幅をより正確に把握できます。

  • ※2013年5月現在

矩形波・正弦波駆動に加えて、任意の波形での試験も可能

入力波形は基本波形として正弦波・矩形波に対応。それぞれの波形での試験はもちろん、任意の波形での試験も可能であり、幅広いニーズにお応えします。

矩形波・正弦波駆動に対応し、さまざまな振動を再現

製品紹介動画

YouTubeを見られない方(wmv形式で閲覧)

展示会出展情報

「第35回エレクトロテストジャパン」に本装置を出展します

第35回エレクトロテストジャパン]

TMCシステムでは、東京ビッグサイトにて、2018年1月17日(水)~19日(金)に開催されます「第35回エレクトロテストジャパン」に出展いたします。弊社ブースでは「精密微摺動試験機」を直接、ご覧いただけますので、この機会にぜひご来場ください。

「第35回エレクトロテストジャパン」の詳細を見る

仕様

項目 仕様
振幅 ±0.1~15μm
周波数 1~50Hz
入力波形 正弦波・矩形波
ワーク質量 100g以下
最大挿抜力 30N

お問い合わせ・ご相談・お見積り依頼

試験機・測定機・実験観察機や各種装置の設計・開発、ソフトウェア開発のご相談・お見積り依頼・資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連する製品・ソリューション・事例

ハンマリング微加振装置の高電流(10A)対応バージョンを開発中!

お問い合わせ

パソコンからお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも受け付けています。

044-555-6171(受付時間:平日9時~18時)※担当者が不在の場合があります。不在の場合には、担当者より折り返しご連絡させていただきます。

ページトップへ戻る