変形形状測定システム

素材の特性評価に!
画像処理により、サンプルの変形形状を測定。

「変形形状測定システム」は、サンプルに引張荷重を与えた際の変形量を精密に測定するシステムです。
サンプルに対して、X(水平)及びZ(垂直)方向に引張荷重を与え、高速度カメラで撮影した動画を画像処理することにより、マーキング点間の変形量を測定します。

ご利用例


  • ゴムなどの素材の特性評価に利用。
  • 伸縮性のある生地の比較検討に利用。

特長

動画と荷重データの同期記録により、形状変化がわかりやすい!

動画と荷重データの同期記録により、形状変化がわかりやすい!

サンプルに引張荷重を与えた際の動画を画像処理し、マーキング点間の距離を算出することにより変形形状を測定します。
さらに、変形形状の測定結果と荷重の時系列変動を比較することで、より精密な変形形状の測定が可能となります。

マーキングした点の変化量を数値+グラフで、定量的に測定可能!

マーキングした点の変化量(縦・横幅、面積、重心の移動)を数値化し、一覧表示・グラフ表示することも可能です。得られたデータはサンプルの比較検討材料などにご活用いただけます。

マーキングした点の変化量を数値+グラフで、定量的に測定可能!

仕様

項目 仕様
有効ストローク X軸:90mm/Z軸:140mm
推力 X軸:32kg/Z軸:8kg
最高速度 X軸:150mm/sec/Z軸:140mm/sec
ロードセル定格容量 100N
ロードセル非直線性 X軸:±1%R.O/Z軸:±1%R.O
測定データ
  • 高速度カメラ画像
  • X荷重
  • Z荷重
測定データ表示形式 カメラ画像と荷重データの同期表示
測定データ保存形式 動画ファイルおよびテキストファイル
動作モード パターン1:X移動後、Z移動
パターン2:Z移動後、X移動
パターン3:XZ同時に移動
繰り返し動作回数 1回~
移動範囲 メカストロークによる
撮影可能時間 最大60s
  • ※高速度カメラのフレームレートによる
撮影開始 スタートトリガ
撮影停止
  • 指定した撮影時間経過
  • 指定した繰り返し動作回数到達

お問い合わせ・ご相談・お見積り依頼

試験機・測定機・実験観察機や各種装置の設計・開発、ソフトウェア開発のご相談・お見積り依頼・資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連する製品・ソリューション・事例

お問い合わせ

パソコンからお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも受け付けています。

044-555-6171(受付時間:平日9時~18時)※担当者が不在の場合があります。不在の場合には、担当者より折り返しご連絡させていただきます。

ページトップへ戻る