タッピングデバイス

どこでも手軽に定量加振!
フィールドでの定量的な打撃試験を実現。

ハンマー型で、屋内だけでなく、屋外にも持ち出せる加振デバイスです。特別設計の機構により、誰がどんな状態で叩いても、一定量の荷重が与えられるよう自動調整。
屋外設置の通信装置や電子機器の接点ノイズ検証などに、ご活用いただけます。

  • ※ニーズ調査と並行して、さらに開発を進行中。
  • ※試験販売を実施中。

ご利用例


車や電車など、移動体に設置された電気デバイスの打診検査に利用。

車や電車など、移動体に設置された電気デバイスの打診検査に利用。

アンテナなど、フィールドに設置されたものの打診検査や打音検査に利用。

アンテナなど、フィールドに設置されたものの打診検査や打音検査に利用。

特長

誰が叩いても、加振力を一定にする定量荷重調整機構を搭載

誰が叩いても、加振力を一定にする定量荷重調整機構を搭載

誰が/どのような強さで/何回叩いても、一定量の荷重(10N±4.0N)を与えられるよう定量荷重調整機構(特許取得済)を搭載。複数人での打撃検査でも、力の差や体調の差などの影響を受けずに、同条件での検査が可能となります。
仮に必要以上に強く叩いてしまい、定量荷重調整機構での調整可能範囲を超えた場合でも、エラー音で仕様の範囲から外れたことをお知らせします。

対象物の素材や叩く方向が変わっても、一定の荷重を実現!

対象物の素材や叩く方向が変わっても、一定の荷重を実現!

SUS304などの金属からPTFEなどの樹脂まで、様々な対象物に対する打撃試験でも、一定の荷重範囲内に収めることが可能です。
また、通常のハンマー+人の感覚だけでは一定の荷重範囲内に抑えるのが難しい、各方向(上下左右)への打撃も問題ありません。

  • ※左図のグラフは、各素材・各方向ごとに複数回の打撃を行い計測した、加振力の最大値・最小値と平均値を表しています。

コンパクトで場所を選ばず持ち出して利用できる

コンパクトで場所を選ばず持ち出して利用できる

横19cm、縦23cmのハンマー型となっているため、通常の工具を持ち運ぶ感覚で、気軽にフィールドや現場などに持ち運ぶことができます。また500gと軽量のため、長時間の利用でも、利用者が疲れることなく検査や試験を継続可能。

電気デバイスを使用しないため、電源の用意も不要

センシングなどの電気デバイスがないため、電源を用意することなく利用可能。場所を選ばずに使用できます。また電源コードに動きを制限されることがないため、角度を選ばず自由に打撃試験を行えます。
さらに、電気ノイズの心配もないため、幅広い電子機器に対して試験を実施できます。

仕様

項目 仕様 備考
打撃による荷重 10N±40%(1kgf±40%)(参考値) 社内標準による
打撃方向 360度
対象物硬度 ショアA50以上
使用環境条件 実験室環境下(25~30℃確認済) 結露なきこと
設置 ハンディタイプ
外形寸法 W35×D190×H230mm 突起部含まず
質量 500g
付属品 取扱説明書、先端ゴム(予備×5)

お問い合わせ・ご相談・お見積り依頼

試験機・測定機・実験観察機や各種装置の設計・開発、ソフトウェア開発のご相談・お見積り依頼・資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連する製品・ソリューション・事例

お問い合わせ

パソコンからお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせも受け付けています。

044-555-6171(受付時間:平日9時~18時)※担当者が不在の場合があります。不在の場合には、担当者より折り返しご連絡させていただきます。

ページトップへ戻る